土曜営業日  パソコン廃棄.comは土曜日も隔週営業
プライバシーマークを取得しています。

BTOパソコンを無料で廃棄できます。

全てのBTOパソコンを処分できます。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
パソコンと一緒に液晶モニターやタブレットも送れます。
ハードディスクのみ取り出してもOKです。(他部品は不可)

以下の手順に従って送ってください。無料でBTOパソコンが処分できます。

パソコン無料廃棄キャンペーン中 (実施期間 5/1(水)~5/31(金)発送分)

手順は簡単3ステップ!

発送時のご連絡は一切不要です。

粗大ごみ(有料)か燃えないごみ(無料)などで廃棄できます。自治体HPを確認下さい。

BTOパソコンのその他の処分方法

購入したパソコンショップに処分を依頼する

購入したパソコンショップではBTOパソコン(デスクトップパソコン、ノートパソコン)の回収を行っています。これは資源の有効な利用の促進に関する法律(PCリサイクル法)という法律によって、回収が義務付けられているからです。具体的にはPCリサイクルマークが貼ってあれば無料、PCリサイクルマークが貼ってなければ有料で回収・リサイクルできます。ショップによっては、送料のみでパソコンを無料で引取りしている場合もあります。ただし、ショップで購入したメーカー製のパソコンや液晶ディスプレイは回収を行っていません。各メーカーに廃棄を依頼してください。

自治体に依頼に処分をする

ほとんどの自治体ではBTOパソコンはゴミとして処分できません。PCリサイクル法の対象品で、ゴミではないからです。

パソコンをゴミとして捨てる方法

パソコンパーツごとの廃棄方法

ケース、マザーボード、電源といった部品はほとんどの自治体で粗大ゴミとして出すことができます。自治体によっては、パソコンパーツなどの金属の素材を「無料で受け取る窓口」(小型家電回収BOX)を設置しています。

パソコンパーツの廃棄方法

BTOパソコンとは

BTOとはBuild To Orderの略で、「受注生産」を意味します。外枠(デスクトップケースやノートPCの筐体)以外のプロセッサーやメモリー、ハードディスク、オプション品の有無などをユーザでカスタマイズして注文することができます。また、OSのインストールしないで購入もできます。

BTOパソコンのメリット

BTOパソコンのデメリット

廃棄したい
パソコンは?