パソコン廃棄.com

パソコンのブルースクリーンが頻発する原因は?エラーコードの種類と対処法

パソコンの起動後や作業中にブルースクリーンになると戸惑ってしまいますよね。

しかし、焦ってすぐに電源を切ってはいけません。

この記事では、ブルースクリーンが発生する原因や対処法を紹介します。

パソコンの再起動や部品交換といった対処法を試し、メーカーや専門業者に修理を出しても直らなかった場合は、パソコンを処分しましょう。

どのタイミングでブルースクリーンになったかによって対処法が異なるので、よく確認してください。

この記事でわかること

  • ブルースクリーンが出たら電源はオフにせず、すぐにエラーコードをメモする
  • ブルースクリーンの原因は主に、Windowsの問題や部品の劣化・故障等がある
  • ブルースクリーンになったパソコンの修理は5,000~16,000円+部品代がかかる

ブルースクリーンとは

ブルースクリーンとは、パソコンの青い背景に白い文字の英語が表示された画面のことです。

WindowsOSが搭載されているMicrosoftのパソコンで、OSに異常が生じたときに起こる現象です。

画面がこの状態になるとキーボードの操作はできず、一度表示されると再起動後も表示されます。
ブルースクリーンは突然表示されることが多いですが、起動システムとメモリのタイミングが合わないときに発生する可能性が高くなります。

ブルースクリーンが出やすいタイミングは以下の4つに分類されます。

下記を参照すると、起動中または作業中に出やすいことがわかるでしょう。

  • パソコン使用中

メモリの読み込みエラーなど、パソコン作業中のトラブルがブルースクリーンの原因になることがあります。

ブルースクリーンになって10分後に再起動するため、気を付けてください。

作業中のファイルはこまめに上書き保存をしましょう。

  • ロゴが表示された後

メーカーロゴが表示された後、ハードディスク等基本的な動作に関わる部分のトラブルが発生するとブルースクリーンになる可能性があります。

  • ロゴが表示される前

電源をオンにしてすぐにブルースクリーンになり、先に進みません。

  • Windowsupdate後

Windowsのupdate後、画面に「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」という表示が出ることがあります。

この状態だとデスクトップにログインしてのデバイスマネージャーの表示や、システムログの確認ができません。

参考:Dell コンピュータでのブルースクリーンまたはエラーコードの停止のトラブルシューティング | Dell 日本

ブルースクリーンが出たときの注意点

ブルースクリーンが出たときの注意点を2つ紹介しておきます。

電源は切らない

ブルースクリーンになってもすぐに電源をオフにしないでください。

電源を切ってしまうと、エラーコードのメッセージを控えられません。

ブルースクリーンが表示されて10分程経つと自動的にパソコンが再起動します。

再起動される前に画面上のエラーコードをメモしておきましょう。 

再起動されたらすぐに、データのバックアップを外付けのハードディスクやUSBメモリ、ネットワークHDDに取ってください。

エラーコードを見逃さずメモを取る

エラーコードはパソコン起動時や作業中に出ることが多いです。

エラーコードが出ると10分後に自動で再起動されるので、その前にエラーコードのメモを取るか携帯電話で画面の写真を撮ってください。

ブルースクリーン上のエラーコードにはそれぞれ意味があるので、見逃さないようにしましょう。 

エラーコードを見逃した場合の確認方法

エラーコードのメモを取れなかったときは、以下の対応を取ってください。

  1. パソコン左下の「Windows」マークを右クリックし、「イベントビューアー」を選択する。
  2. 「イベントビューアー」画面左の「Windowsログ」をダブルクリックし、一覧から「システム」を選択する。
  3. システムのイベント数が表示されたら、一覧から「現在のログをフィルター」を選択する。
  4. フィルター画面が表示されたら、「イベントソース」横の矢印を選択し、下にスクロールする。一覧の中の「Bug Check」にチェックを入れる。
  5. 「現在のログをフィルター」画面右下の「OK」をクリックする。
  6. 元の画面に戻り、「イベント」を選択すると発生したイベント内容が確認できる。
  7. イベント内容の「詳細」タブをクリックしエラーコードを確認する。

参考:ブルースクリーンのエラーコードやログを確認する方法 – Dell Community

【原因別】ブルースクリーンのエラーコードの種類

ブルースクリーンのエラーコードの種類を紹介します。

ドライバー

ドライバー(パソコン内蔵機器や周辺機器を動かすためのファイル)や、実行中のソフトウェアに不具合が起きているときのエラーコードはこちら。

エラーコード意味
0x0000000Aアクセス許可外領域へのアクセス
0x0000001E無効な領域へのアクセス
0x0000003F不適切なメモリ管理
0x0000007E互換性の問題が発生している、または破損している
0x0000009Fデバイスドライバーや接続中デバイスの不具合が起きている
0x000000BEドライバーかメモリの不良・破損している
0x000000D1ドライバーに不具合がある
0x000000D8ドライバーがメモリ使用量を正しくクリーンアップできていない、あるいはドライバーに不具合がある
0x00000116ディスプレイドライバーに不具合がある

メモリ

メモリ関係のエラーコードはこちらを参照してください。

エラーコード意味
0x00000050読みだしたいデータがメモリ内に存在しない
0x000000F2メモリ自体が応答しない
0x0000002Eメモリに不具合が起きている
0x0000007Fメモリが物理的に壊れている

これらのエラーコードが出たら、メモリが正しく読み込めていない証拠です。

ハードディスク

ハードディスク関係のエラーコードはこちらになります。

エラーコード対処法
0x0000007ACDから起動できるOSでパソコンを起動し、バックアップを取る
    0x000000ED「F8」キーを押しセーフモード起動を試み、「chkdsk/f」「chkdsk/r」を実行する
    0x00000024ハードディスクのファイルシステムか不良ブロックが壊れている
    0x000000F4ハードディスクかハードディスクケーブルが故障している

これらのコードが出たら、パソコンのハードディスク等記憶装置にエラーが発生しているはずです。 

どれもHDDの物理的な故障を意味します。

より詳しいエラーコードはこちらから確認できます。

参考:コンポーネント別の Windows Update エラー コード一覧 – Windows Deployment | Microsoft Docs

ブルースクリーンが起こる原因

ブルースクリーンが起こる原因を9つ紹介します。

Windowsの不具合

OSであるWindows、ソフトウェア面での不具合が原因になっている場合がこれです。

Windowsの不具合が原因だと最悪、リカバリ作業(パソコンを初期化する作業)が必要です。

Windowsの更新プログラムが上手くいかなかった

Windowsの更新プログラムが実行できない場合は、常駐プログラムの影響またはシステム破損の可能性を考えてください。

クリーンブートとシステムファイルチェッカーを確認してみましょう。

クリーンブートは、スタートアップに登録されているアプリとサービスを無効にしたままパソコンを起動する方法です。

部品の劣化または故障

パソコンに周辺機器を接続しているときにブルースクリーンが起きたら、一旦部品を全て外してみましょう。

ブルースクリーンが改善されたら、今度は一つずつ機器を付け直して原因を探します。

パソコンの部品劣化や故障がブルースクリーンの原因になっている場合は、メーカーや専門業者に依頼して部品を交換してください。

システムファイルの破損

システムファイルが破損している可能性もあります。

その場合は以下の7つの方法を試してみてください。

  1. システムファイルチェッカーツールを実行する
    • 「Windows」マークを右クリック
    • 「Windows PowerShell(管理者)」>「sfc/scannow」を入力して「Enter」を押す
    • コマンドを実行するとシステムファイルチェッカーツールの実行が始まる
  2. DISMコマンドを実行する
    • 「スタートメニュー」を右クリック
    • 「PowerShell」ウィンドウ>「DISM.exe/Online/Cleanup-image/Restorehealth」を入力して「Enter」を押す
    • DISMコマンドが自動修復を開始する。
  3. スタートアップ修復を実行する
    • 回復環境を起動す
    • 「オプションの選択」>「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「スタートアップ修復」をクリック
  4. 手動で正しいシステムファイルを上書きする
    • 「Windows」マーク>「ファイル名を指定して実行」>「%windir%\Logs\CBS\」を入力して「OK」を選択
    • 一覧から「CBS.log」をデスクトップに移動して、ログの内容を確認
    • 「Windows」マーク>「Windows PowerShell(管理者)」をクリック
    • 壊れたシステムファイルの所有権を取得し、「takeown/f」を入力して「Enter」キーを押す
    • 壊れたシステムファイルのフルアクセスを許可し、「icacls」を入力して「Enter」キーを押す
    • システムファイルをコピーコマンドを用いて上書きする
  5. ディスククリーンアップを実行する
    • 「スタートメニュー」>「エクスプローラ」>「PC」>「ローカルディスク(C:)」>「プロパティ」>「ディスクのクリーンアップ」>「システムファイルのクリーンアップ」をクリック
    • 削除したいファイルの項目を選択し「OK」を押す。
  6. システム復元を実行する
    • 「スタートメニュー」>「システム」>「システム情報」>「システムの保護」>「システムの復元」をクリック
  7. Windows 10を初期化する
    • 「Windows」マーク>「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」>「このPCを初期状態に戻す」を選択する。

基盤やマザーボードの故障

マザーボード部分に接触不良が起こると、エラーになりブルースクリーンを起こすことがあります。

マザーボードを掃除してもブルースクリーンが直らない場合は、HDD障害が起きているかもしれません。  

内部基盤が壊れた状態で通電させると最悪発火してしまう可能性があるので、極力電源を入れないでください。

ノートパソコンであればバッテリーを取り外しておきましょう。

マザーボード故障時の症状とは?4大原因と2つの調べ方を解説>>

ウイルス感染

パソコンがウイルスに感染したときもブルースクリーンになる可能性があります。

このような事態を防ぐために、McAfee・Norton・kaspersky・eset・ウイルスバスタークラウドといったセキュリティソフトをパソコンに導入しておきましょう。

万が一ウイルスに感染してしまったら、以下の対応を取ってください。

  1. セキュリティソフトをアップデートする。
  2. ネットワークから切断する。
  3. セキュリティソフトのウイルススキャンで、ウイルスの種類を特定をする。
  4. ウイルスの感染源となったメールや、ダウンロード済みのファイルを削除し、ゴミ箱から完全に削除する。

パソコンがウイルスに感染した原因と対処方法 >>

メモリの不具合

ブルースクリーンの原因がメモリの不具合であるならば、少し時間を置いてから再起動しましょう。

再起動で修復する可能性があります。

実行中のプロセスやドライバーが、アクセス許可のないメモリ領域にアクセスしようとしたときも、ブルースクリーンになります。

「explorer.exe」等安定したプログラムが原因である場合は、メモリが故障している・不良品である可能性が高いです。

パソコンが修復しなくても同じ型番のメモリを購入する、メモリを挿し直すなどの対応を取ってみてください。

ハードディスクの破損

以下のエラーコードが出た場合は、HDDやSSDの不具合が原因だと考えましょう。

  • 0x0000007A
  • 0x000000ED
  • 0x000000F4

パソコンから外付けHDDやUSBメモリを外すだけで解決することもあります。

ハードディスクが破損している場合、中のデータも破損していると考えた方が良いでしょう。

事前にハードディスクやGoogle Drive、Dropboxなどにバックアップを取っていないならデータ消失の可能性があります。

ハードディスク故障の原因は?症状と修復方法を解説!>>

ドライバーの不具合

ドライバーの不具合に起因する場合、ドライバーが多くのメモリを要求したためにシステムが使い果たしてしまいます。

パソコンの作業中よりも起動した後にブルースクリーンになることが多いのは、このせいです。 

新しいハードウェアをパソコンに接続するとき、ドライバーが正確にインストールされない場合があります。

この場合、ドライバーがOSに対応していないので最新のバージョンにアップデートしてください。

ブルースクリーンのエラーに対する対処法

ブルースクリーンのエラーに対する対処法を9つ紹介します。

パソコンを再起動する

メモリの不具合が原因でブルースクリーンが起きている場合は、少し時間を置いてから再起動してみましょう。

再起動は「スタートメニュー」から再起動する方法・サインアップ後に再起動する方法・ショートカットで再起動する方法の3つがあります。

部品を交換する

ハードディスクが劣化または故障している場合、とくに異音が聞こえる場合は部品を交換しましょう。

劣化・故障した部品が保証期間内であれば、メーカーに問い合わせれば無償で交換できます。

パソコンを購入して2〜3年経過していたら保証期間を過ぎているので、メーカーか専門業者で部品を購入してください。

周辺機器を全て取り外す

パソコンにHDD・外付けSSD・USBメモリ・マウスが接続されている場合は、すべて取り外してください。

周辺機器をすべて取り外してもブルースクリーンが終わらなかったら、周辺機器に問題があります。

一つずつ順番に機器をつけて、不具合が発生している機器を調べましょう。

システムを復元する

システムに不具合が発生する前の状態に戻すことをシステム復元といいます。

画面左下の「Windows」マークを押して「設定」に行き、「システム」をクリックすれば実行可能です。

ノートパソコンの場合は必ずACアダプターをパソコンに接続しましょう。

システムを復元すると、パソコンが初期化してしまうことを知っておいてください。

メモリーを挿し直す

パソコンのメモリの挿入具合が緩んだり接触不良が起きたりすると、ブルースクリーンが起きます。

メモリを挿し直すときは静電気が起きないよう注意してください。

デスクトップパソコン、ノートパソコンそれぞれの挿し直し法を紹介します。

  • デスクトップパソコン
  1. パソコンの電源を切り電源コードを抜く。
  2. キーボード・マウス・LANケーブル等の周辺機器を全て取り外す。
  3. パソコン本体の側面パネルを開け、メモリのロックを解除して真っすぐ引き抜く。
  4. メモリを挿し直す。
  • ノートパソコン
  1. パソコンの電源を切りACアダプターや周辺機器を全て取り外す。
  2. パソコンを裏返しメモリカバーを開ける。
  3. メモリのロックを解除し、真っすぐ引き抜く。メモリを挿し直す。 

接続機器を挿し直す

接続機器が原因でブルースクリーンが起きたときは、一旦全てを取り外しましょう。

その後に機器を一つずつ挿し直してみてください。

機器を全て外したときにブルースクリーンが起きなければ、それぞれのドライバーが最新のものかを確認しましょう。

ドライバーが古ければ、新しいものを取り入れてください。

一台ずつ周辺機器を付け直して問題が起きたら、機器または機器のドライバーがパソコンに対応していないのかもしれません。

パソコンのリカバリを実施

パソコンのリカバリには最低2時間以上、長いと半日以上かかるので時間に余裕を持って実行しましょう。

リカバリーにはリフレッシュ・システムの復元・リセット(ファイルの削除のみ行う・ドライブを完全にクリーンアップする)があります。

  • リフレッシュ

画面の右端からスワイプインし「設定」を選択し、「PC設定の変更」をクリックする。

「保守と管理」をクリックし、「回復」を選択する。画面に表示される指示に従う。

リフレッシュはWindowsが再インストールされ、個人用ファイルと設定は保存されたままになります。

  1. システムの復元
    • 画面左下のスタートメニューから「設定」>「システム」>「詳細情報」>「関連設定」>「システムの保護」>「システムの復元」を選択
    • 「システムファイルと設定の復元」で「次へ」を選択
    • 一覧から「復元ポイント」をクリックし、「影響を受けるプログラムの検出」をクリック
    • 「削除されるプログラムとドライバー」「復元が見込まれるプログラムとドライバー」のボックスを確認し、画面を閉じる
    • 復元ポイントが選択されていたら、「次へ」を選択
    • 「復元ポイントの確認」という画面で「完了」を押す
  2. リセット
    • 画面左下の「スタートメニュー」から、順番に「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」を選ぶ
    • 「このPCを初期状態に戻す」の画面で「開始する」をクリック
    • 「このPCをリセットする」画面で「すべて削除する」を選ぶ

リセットしてしまうと、パソコンが出荷前の状態になるので全てのデータが削除されます。

更新プログラムのアンインストールをする

Windowsの更新プログラムは、Windowsの不具合やセキュリティホール等を修正するためのものです。

しかし更新プログラムインストール後にブルースクリーンになった場合は、アンインストールしてみましょう。 

更新プログラムのアンインストールは、画面左下の「Windows」マークから「設定」>「更新とセキュリティ」>「更新の履歴を表示する」>「更新プログラムをアンインストールする」をクリックすれば実行可能です。 

BIOS設定を見直す

設定が変更され外付けハードディスクやUSBメモリからOSの起動が行われてしまうと、パソコンが起動できません。

一旦BIOS設定を見直しましょう。

BIOS設定の起動方法は以下の2つを参考にしてください。

  • ファンクションキーを使ってBIOS設定を起動させる方法

パソコンの電源を入れてメーカーロゴ画面が表示されている間に、「F2」キーを押す。

  • Windows 10の画面からBIOS設定を起動させる方法

「スタートメニュー」から、「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」を選択する。

「今すぐ再起動」を選択し、「オプションの選択」>「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「UEFIファームウェアの設定」>「再起動」をクリックする。

ブルースクリーンで再起動を繰り返す場合の対処法

ブルースクリーンで再起動を繰り返すときの対処法を4つ紹介します。

システムの復元を試す

システムの復元を試す場合は、その前にデータを復旧してください。

スタートアップ修復を起動させた後、トラブルシューティングの画面から「詳細オプション」を選択し「システムの復元」をクリックします。

システムの復元を実行してもブルースクリーンが直らない場合は、この操作を取り消してください。

システム復元の取り消し方は以下の手順を参考にしましょう。

  1. 画面左下の「スタートメニュー」から、順番に「Windowsシステムツール」>「コントロールパネル」>「システムセキュリティ」>「セキュリティとメンテナンス」>「回復」>「システムの復元を開く」>をクリックする。
  2. 「システムの復元」という画面が出たら、「システムの復元の取り消し」を選択する。

Windowsをリカバリする

リカバリを行うと、パソコンは初期状態に戻ってしまうため最終手段として考えてください。

Windowsのリカバリにはリカバリーメディアを使用する方法、リカバリ領域を使用する方法の2つがあります。

  • リカバリメディア(回復ドライブ)を使用する方法
  1. 回復ドライブを接続しパソコンの電源を入れる。
  2. 「オプションの選択」>「トラブルシューティング」>「詳細オプション」をクリックする。「システムの復元」「このPCを初期状態に戻す」から一つを選択する。 
  • リカバリ領域を使用する方法
  1. 「スタートメニュー」>「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」をクリックする。
  2. 「このPCを初期状態に戻す」という画面が出たら、「開始する」を選択する。
  3. 「個人用ファイルを保持する」「全て削除する」「出荷時の設定に戻す」の中からいずれかを選ぶ。

BIOSの初期化を行う

BIOSとはBasic Input Output Systemの略称で、マザーボードに搭載されている必要不可欠なプログラムのことです。

BIOSには以下、4つの設定が用意されています。

  1. パソコン本体の設定や情報の確認
  2. 電源や起動の仕方の設定
  3. セキュリティやパスワードの設定
  4. 周辺機器を接続するための設定

BIOSの初期化をするにはパソコンをシャットダウンして周辺機器を全て取り外し、90秒放置してからケーブルを接続しましょう。

パソコン起動後「F2」キーを連打すると「BIOSセットアップユーティリティ」という画面が出るので、BIOSを初期化してください。

セーフモードを起動する

セーフモードは、「設定」「Shutdownコマンド」「Shiftキー」「システム構成」から起動することができます。

「設定」から起動させる方法

  1. 「スタートメニュー」>「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」>「今すぐ再起動」をクリックする。
  2. 「オプションの選択」で「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「スタートアップ設定」>「再起動」を選択する。
  3. 画面が変わったら、数字「4」か「F4」キーを押し、「セーフモードを有効にする」を選択する。

「Shutdownコマンド」から起動させる方法

  1. 「Windows」マークと「X」キーを同時に押し「ファイル名を指定して実行」をクリックする。
  2. 名前の部分に「Shutdown / r / o / t 0」を入力して「OK」を選択する。
  3. 「オプションの選択」が出たら、「「設定」から起動させる方法」の2.3.と同じ操作を行う。

「Shift」キーから起動させる方法

  1. 「スタートメニュー」>「電源ボタン」をクリックする。
  2. 「Shift」キーを押しながら「再起動」を選択する。
  3. 「「設定」から起動させる方法」の2.3.の操作を行う。

「システム構成」から起動させる方法 

  1. 「Windows」マークと「X」キーを同時に押し、一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックする。または「Windows」マークと「R」キーを同時に押す。
  2. 名前の部分に「msconfig」と入力し、「OK」をクリックする。
  3. タブ「ブート」を選択し、ブートオプションの「セーフブート」にチェックを入れて「OK」を押す。
  4. 「再起動」を選択して、再起動されたらデスクトップ画面に「セーフモード」と表示されていることを確認する。 

メーカー別ブルースクリーンに関する記事

メーカー関連記事
dell「Dell製PCのブルー スクリーン エラー(STOPエラー)コードをトラブルシューティングする方法」 | Dell 日本
lenovo操作中にエラー、ブルースクリーン、フリーズ、動作遅延、突然再起動が発生する
富士通青いエラー画面(ブルーバック)が表示されました。 – FMVサポート : 富士通パソコン
VAIO[VAIO_PC] Windowsの起動時や使用中に青い画面(ブルースクリーン)が表示される
HPHP PC – ブルースクリーンにエラーメッセージが表示される (Windows 10)
Asus[ノート PC / デスクトップ PC / AiO] Windows でブルースクリーンエラー(BSOD)が発生した際の対処 – トラブルシューティング | サポート 公式 | ASUS 日本

対処法を試してもブルースクリーンが直らないときは

前述の方法を試してもブルースクリーンが直らないときは、以下2つの策を取ってください。

新しいパソコンに買い替える

ブルースクリーンが直らないのであればパソコンの寿命の可能性もあるので、買い替えるのがおすすめです。

パソコンの寿命は大体3〜5年と言われているので、それ以上使っているとどんどん劣化していきます。

ブルースクリーン以外にもフリーズしたり電源が落ちたりすることを繰り返す場合は、買い替えを検討しましょう。

またパソコンを買い替える際はデータ移行なども忘れずに行いましょう。

パソコンの買い換えに関してはこちらの記事でも詳しく解説しています。

パソコンの買い替え時はいつ?おすすめの購入時期や買い替え前にやること>>

メーカーまたは専門業者に修理を依頼する

ブルースクリーンが頻発するようなら、メーカーや専門業者に修理してもらってください。

メーカーの保証期間を過ぎているパソコンは専門業者に依頼しましょう。

修理を依頼すると、以下のような費用がかかります。

サービス料金
システム修復9,000円+部品代
HDD交換修理16,000円+部品代
メモリ交換修理5,000円+部品代

まとめ:ブルースクリーンのパソコンは原因別に正しく対処しよう

ブルースクリーンは主に起動時、作業中に出やすいので何をしたときにそうなったかを確認しましょう。

HDD等の故障であれば部品を購入する必要がありますが、再起動すれば直るものもあります。

監修者/前田 知伸

富士通を経て、リブート㈱代表取締役。パソコンリサイクル業15年目。国内外のIT資格を保有。NHKなど出演実績有り。

 

関連記事

レッツノートが重い原因とは?対処法を徹底解説

レッツノートとは、パナソニックが手掛けるノートパソコンです。 軽量が特徴で、持ち運びしやすいのが魅力です。 仕事用は...

Chromebookの画面が真っ暗になる原因とは?対処法を詳しく解説

Chromebookとは、Googleが開発したchrome OSが搭載されたパソコンです。 操作性がよく、コストパ...

富士通パソコンのバッテリー交換方法とは?費用や注意点も解説

富士通パソコンのバッテリーの減りが異常に早いなどの症状がありませんか?バッテリーは自分でも交換可能で交換すれば症状が...

富士通のパソコンの音が出ない時にできる対処法は?原因も解説

富士通のパソコンの音が出なくて困っていませんか?この記事では、富士通のパソコンから音が出ない原因や自分でできる対処法...

富士通のパソコンから異音?ジー、カタカタなど種類別の原因と対処法を解説

富士通のパソコンから異音がして困っていませんか?「ジー」「カタカタ」など、音の種類によって原因は様々。この記事では異...

廃棄したい
パソコンは?


廃棄したいパソコンは?

TOPに戻る