パソコン廃棄.com

スマホの寿命は何年?寿命を短くするNG行動と壊れる前にすべきこと

最近は生活に欠かせなくなっているスマホですが、同じスマホを使い続けていると「バッテリーの減りが早い」「動作が鈍くなってきた」というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

スマホの調子が悪いのは寿命が近づいてきたサインかもしれません。

この記事では、スマホの寿命や寿命を短くしてしまうNG行動を解説。

また、スマホが壊れてしまう前にしておくべきことや、おすすめのスマホ処分方法もあわせて紹介していきます。

この記事でわかること

  • 充電の減りが早くなってきたら寿命が近い
  • 充電回数を減らすことで寿命はのびる
  • スマホの買い替えの前にバックアップをとる
  • スマホの処分は無料でできる

スマホの寿命

スマホの寿命には、「本体の寿命」「バッテリーの寿命」「ソフトウェアの寿命」の3つがあります。

それぞれ寿命が異なるので、寿命の目安を解説していきます。

本体の寿命

スマホの寿命は、4〜5年と言われています。

メーカーや機種によって寿命は異なるので、あくまでも目安となるものです。

内閣府が令和3年3月に実施調査をした「消費動向調査」における「主要耐久消費財の買替え状況」によると、携帯電話の使用年数は平均で4. 4年。

買い替え理由は、故障が36.5%、上位品目への移行が33.8%と、これら2つの理由が上位を占めています。

古くなったスマホでは最新のアプリに対応できる環境でなかったために、上位機種へ変更している人も多いようです。

参考:消費動向調査令和3(2021)年3月実施分

バッテリーの寿命

スマホのバッテリーは2〜3年で寿命を迎えます。

これは、充電を繰り返すことでスマホに採用されているリチウム電池の寿命が縮んでいくことが原因です。

バッテリーは300回〜500回の充電サイクル以降、劣化が始まると言われています。

そのため、1日1回充電すると寿命は1〜2年が目安となります。

バッテリーは使い方に注意すれば劣化しにくいですが、長時間使用していれば寿命をむかえます。

ソフトウェアの寿命

スマホには、パソコンと同様にOSが搭載されています。

このOSのアップデートは定期的に行われていますが、古いOSは次第にサポートが終了してアップデートが行われなくなります。

iPhoneのサポート期間は約4〜5年、アンドロイドはメーカーによって異なりますが約1〜2年と言われています。

サポートが終了してしまうと、最新のアプリがインストールできなくなったりセキュリティ対策が万全に行われず、ウイルス感染のリスクが高まります。

スマホの寿命が近い場合に起こる症状・兆候

さらに、下記の症状や兆候がみられたらスマホの寿命が近いと考えられます。

そのままにしておくと危険な場合もあるので、お持ちのスマホに当てはまるか確認してみましょう。

バッテリーがすぐ熱くなる

バッテリーや本体が熱くなるのは寿命の兆候です。

複数のアプリの起動や高温の環境での利用の可能性もありますが、それ以外で熱くなるのは劣化と考えて良いでしょう。

触れられないほど本体が熱くなってしまった場合は、爆発や発火の恐れもあるため速やかに使用を中止して買い替えを検討しましょう。

スマホが熱くなる原因についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

スマホが熱くなる原因は?正しい対処法と冷やし方を分かりやすく紹介>>

充電の減りが早い

スマホのバッテリーに採用されているリチウム電池は、繰り返し充電することで劣化していきます。そのため充電をしてもすぐにバッテリーが減ってしまい、不便に感じてしまうこともあるでしょう。

先ほど解説しましたが、バッテリーは経年劣化を避けられないものです。

気をつけていてもバッテリーの寿命を迎えてしまうため、この場合はスマホ本体の買い替えか、新しいバッテリー交換を検討することをおすすめします。

参考:同じ機種を長期間利用している場合、携帯電話の電池の減りが早くなるのはどうしてですか? | よくあるご質問(FAQ) | お客様サポート | NTTドコモ

アプリのバージョン対応が少なくなる

新しいアプリをリリースする際は、その時の最新機種に対応した開発やアップデートがされます。

そのため古いスマホには対応せず、新しいアプリが使えないということも。

スマホの機種が古くなるほど、使えるアプリが限られてしまいます。

アプリが使用中の端末で起動できなくなったら、スマホの買い替えを検討しましょう。

アプリの動作が重い

アプリの数が多くなり、バックグラウンドで動いているアプリが増えると、スマホの動作が重くなる原因となります。

いつも使っているアプリの動作が遅いと感じたら、使用しないアプリやデータを削除してください。

不要なアプリをアンインストールすることで、多少は動作が軽くなることもあります。

しかし、不調が解消されない場合はスマホの寿命が考えられます。

スマホのバッテリーの寿命を伸ばす方法

スマホのバッテリーは経年劣化が避けられません。

しかし、スマホの使い方によって寿命が変わります。

ここではバッテリーの寿命を伸ばす方法を3つ紹介します。

充電回数を減らす

バッテリーの無駄遣いを減らすことが、寿命を伸ばす方法の中で最も効果的です。

リチウム電池は、充電を重ねるごとに劣化していく特性を持っています。

そのため、充電回数を減らすことである程度の寿命は伸ばせます。

また、使用頻度の低いアプリを削除するなど、ひと工夫するだけでも効果があります。

低電力モードに設定する

低電力モードに設定することで、バッテリーの消費を抑えることができます。

そのため充電回数が減り、バッテリーの劣化を遅らせることが可能です。

しかし、低電力モードにはデメリットもあります。

  • 自動でメールを受信できない
  • アプリが自動でアップデートされない
  • 5Gが使えない

これらは、手動で更新できるものばかりなので、気にならなければ常に低電力モードでも良いでしょう。

参考:バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple(日本)

高温の場所を避ける

高温環境での使用は、バッテリー内部の劣化に繋がります。

真夏の車内や炎天下の屋外などに置かれたスマホは放熱ができず高温になり、端末によっては「高温注意」のアラートが表示されることも。

また、高温が続くとバッテリーだけでなくスマホの他部品にも影響が出ます。

参考:バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple(日本)

スマホの寿命を短くするNG行動

スマホには目安となる寿命がありますが、使い方によっても寿命が短くなってしまうことがあります。

すぐ故障に直結しないものですが、スマホの劣化や寿命を短くしてしまいます。

スマホの寿命を短くしてしまうNG行動として以下の3つを紹介します。

水没

防水機能が備わったスマホも増えてきましたが、精密機器は水分が苦手なので水気の多い場所は避けるのが無難です。

水没してなくてもお風呂のような水蒸気の多い場所や汗がついても水没したのと同じ状態になることがあるので、水分がついたらこまめに拭き取るようにしましょう。

ながら充電

ながら充電とは、充電しながらスマホを使用することです。

充電と使用時の熱が同時に発生してしまうと、スマホが極端に熱くなってしまうことがあります。

スマホの温度が上がることでバッテリーの劣化が進んでしまうので、充電をする際はスマホの使用をやめるようにしましょう。

過充電・過放電

バッテリーが100%になっても充電を続ける「過充電」は、バッテリーの劣化に悪影響を及ぼします。

負荷が大きくかかる行為ではありませんが、長時間充電を避けることでバッテリーは長持ちします。

また、充電が0の状態で放置する「過放電」もバッテリーが劣化する原因になります。

充電は適度に行うことでバッテリーの劣化を防げます。

衝撃

スマホは衝撃にも弱いので、落下しないように注意しておく必要があります。

また落下してもできるだけ衝撃を弱めるために、スマホケースに入れておくのもおすすめです。

落下は外部だけでなく、内部の故障に繋がることもあります。

スマホの寿命で壊れる前にすべきこと

スマホが寿命をむかえる前に、「バックアップを取る」「保証サービスに勧誘しているかを確認」の2つをしておく必要があります。

特に、電源が入らなくなってしまうと、今までのデータの復旧が難しくなります。

バックアップ手順も解説しているので、参考にしてください。

バックアップを取っておく

まずは、スマホが完全に動かなくなってしまう前にバックアップを取りましょう。

iPhone、Androidではバックアップ設定が異なるので、以下で確認しておきましょう。

【iPhoneの場合】

「設定」→「ユーザー名」→「バックアップ」を選択。

「iCloudバックアップ」をオンにすると自動でバックアップができるようになります。

【Androidの場合】

・「設定」→「システム」→「バックアップ」を選択。

「GoogleDriveへのバックアップ」をオンにすると自動でバックアップができるようになります。

・GoogleOneアプリを開き「ストレージ」をタップ。

「データのバックアップの設定」をタップし、「バックアップの設定」から「今すぐバックアップ」をタップする。

SDカードやクラウドサービスを利用して、常にバックアップが取れる状態にしておくと突然の故障の際にも安心です。

参考:iCloud で iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法 – Apple サポート (日本)

参考:Android デバイスのデータをバックアップ、復元する – Android ヘルプ

保証サービスの確認

スマホが突然動かなくなってしまった際や買い替え時には、保証サービスに加入しているか確認しましょう。

大手携帯キャリアの保証サービスは、故障や水没、画面割れが起こってしまった場合、自己負担を最小限に抑えることができます。

また、万が一の時でもすぐに修理や同等商品の交換にすぐに対応してくれます。

スマホ買い替えのおすすめの時期

スマホを買い替える際にはおすすめの時期があるので、しっかりと事前に確認する必要があります。

「大手キャリア」と「格安スマホ」では最適な時期が異なるので、自分がどのタイミングが買い替えにベストな時期なのかを把握しておきましょう。

大手キャリアの場合

大手携帯キャリアの場合は2年契約していることが多く、多くの人は2年ごとにスマホを買い替えています。

2年契約はサポート体制や割引等の充実したサービスがありますが、途中解約してしまうと高額な解除料を支払うことがあります。

更新月前にはお得に更新できる割引などの案内が送られてくる場合もあるので、これを利用してお得にスマホの買い替えをするのもひとつの方法です。

格安スマホの場合

格安スマホは大手キャリアのような2年縛りがないデータプランが多く、気軽に機種変更ができるのも魅力です。

気に入れば何年も使えますが、OSのバージョンアップや各種アップデートに対応するためにも2〜3年ごとに買い替えるのがおすすめです。

契約期間の縛りがあっても、大手携帯キャリアと比較するとほとんどが緩いものです。

スマホの買い替えに関してはこちらの記事でも詳しく解説しています。

スマホの買い替え時期はいつ?事前にやることやデータ移行について解説>>

スマホの処分方法

スマホを買い替えた後、不要になったスマホの処分方法で悩む人も多いのではないでしょうか。

ここではスマホの4つの処分方法を紹介していきます。

キャリアショップで処分

スマホを処分する際に、最も安全なのはキャリアショップで回収・処分してもらう方法です。

無料でスマホ本体やACアダプターを引き取ってもらえます。

docomoやSoftBankは回収したスマホを目の前で粉砕処理してくれるので、回収後に個人情報の漏えいなどの心配がありません。

また各キャリアショップではメーカー・ブランドを問わず回収しているため、他社製品でも処分可能です。

自宅の最寄りショップに不要なスマホを持ち込むだけなので、安全かつ手軽なスマホの処分方法です。

参考:3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組み | 環境・資源対策 | CSR 企業の社会的責任 | 企業・IR | ソフトバンク

参考:リサイクルへの取り組み │au

参考:資源の有効活用 | 企業情報 | NTTドコモ

自治体で処分

携帯電話等を回収するために、回収ボックスを設けている自治体が増えています。

回収ボックスに入れるだけなので非常に手軽ではありますが、万が一の盗難などを想定してデータを消去しましょう。

データ初期化はスマホ本体で行えますが、この方法では完全にデータを消去できません。

そのため、キャリアショップに粉砕処理・回収を依頼するか、データを消去してくれる処分会社に回収してもらうことをおすすめします。

参考:使用済み小型家電 | 渋谷区公式サイト

スマホのデータ消去方法に関してはこちらの記事でも解説しています。

携帯のデータ消去>>

買取業者に売却

使用していた不要なスマホは、買取業者に持ち込むと売却ができます。

スマホの状態や機種によって買取価格は変動し、最新機種ほど高値がつく可能性があります。

また、無料で査定してくれる買取業者もあるので、まずは不要なスマホがいくらで売却できるか見てもらいましょう。

多くの業者がデータを消去してくれますが、売却前に削除してから持ち込む方が安全です。

無料処分を依頼する

「キャリアショップや回収場所に行く時間がない」「スマホが古くて買取価格がつかなかった」という人には、スマホ処分サービスがおすすめです。

スマホ処分サービスは、送るだけで不要なスマホを無料で処分してくれます。

無料処分サービスのメリットは以下の通りです。

  • 古い機種でも無料処分可能
  • 無料で完全にデータを消去してくれる
  • 2台以上なら送料無料
  • コンビニから24時間いつでも発送可能
  • 発送時の申し込みや事前連絡不要

処分したい不要なスマホを梱包して、コンビニもしくは自宅に集荷依頼するだけ。

回収場所に行く方法がない人や、買取できなかったスマホの処分に悩んでいる人に最適な方法です。

スマホを無料で廃棄する>>

まとめ:スマホの寿命が来たら修理または乗り換えよう

スマホの充電の減りが早くなった時や動作が鈍くなった時は、スマホの寿命の可能性があります。

快適にスマホを使うためにも、修理や乗り換えを検討してみましょう。

大手携帯キャリアではタイミングが合えばお得に機種変更が可能で、格安スマホは専用プランに縛りがないものが多いので気軽に乗り換えができます。

不要になったスマホは各キャリアショップや自治体の回収・買取業者に依頼してみましょう。

また無料スマホ処分サービスでは、完全無料でデータの消去まで行ってくれます。

日本全国どこからでも送料無料でスマホを送ることもできるので、古いスマホの処分に困ったら無料スマホ処理サービス携帯処分.comを検討してみてください。

携帯処分.comでスマホを無料処分する>>

監修者/前田 知伸

富士通を経て、リブート㈱代表取締役。パソコンリサイクル業15年目。国内外のIT資格を保有。NHKなど出演実績有り。

関連記事

Galaxyが充電できない時はどうする?原因や対処法を解説

Galaxyを正常に充電できないと、スマホが使えなくなって困ってしまいますよね。 しかし、充電ができない時にどうすれ...

Xperiaのタッチパネルが反応しない時はどうする?原因や対処法を解説

Xperiaを操作している時に、突然タッチパネルが反応しなくなった経験のある方は多いのではないでしょうか。 画面に思...

OPPOのデータ移行方法とは?AndroidとiPhone別に解説

「OPPOを購入したものの、データ移行方法がわからない」「データ移行方法がわからずに悩んでいる」 といった悩みを抱え...

Xperiaのデータ移行方法を解説!併せて移行前に行うべきことも紹介

「Xperiaを購入して、データ移行をしたい」「データ移行の方法がわからない」 といった悩みを抱えている方は多いでし...

Galaxyがフリーズする!原因から対処方法を解説

「Galaxyがフリーズしていて動かない」「端末を落としたりしていないのにフリーズする」と、Galaxyユーザーのな...

TOPに戻る