家電リサイクル法

家電のリサイクルには、法律があります。その中には、並列して

などがあります。全て、環境問題を克服する為に資源を有効活用できるように定められています。

1. 家電とは

エアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫・携帯電話などの家庭用電気器具のことです。最近では、スマート家電という、情報通信技術を搭載する家電製品やスマホとの機能連携ができる家電があります。

家電にも種類があり、炊飯器・冷蔵庫・洗濯機・掃除機・エアコンなど家事の労働負担軽減のためのものを白物家電。テレビやDVDプレーヤー、ブルーレイプレーヤーといった娯楽目的のためのものを果物家電ともいいます。

2. 家電リサイクル法とは

資源を再利用し、廃棄物を減らすために作られた法律。(特定家庭用機器再商品化法)平成13年4月1日開始

一般家庭から排出される家電製品は年間60万tにもなります。以前では、これらのほとんどが埋め立て処理されていました。埋立地にも限界があり、この法律が生まれました。

3. 対象品目

対象の廃棄物は、家電4品目とも呼ばれています。

  1. エアコン
  2. 冷蔵庫・冷凍庫
  3. 洗濯機・乾燥機
  4. テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)

具体的な対象廃棄物一覧
RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

  • 例)天井埋め込みのエアコン
  • 例)ショーケース、布団乾燥機
  • パソコン用ディスプレイモニターなどは、対象外になります。

4. 回収方法

4.1. 電気店に引き取り依頼

新しく購入した電気店で、廃家電を引き取り依頼しましょう。お店によって、引取方法や値段は違います。

4.2. 市区町村に問い合わせ

お住いの自治体へ相談しましょう。

4.3. 持ち込む場合

  1. 指定引き取り場所の確認:全国に指定引き取り場所があります。
  2. 家電リサイクル券を廃棄物に貼り付ける
  3. 廃棄物の引き渡し

住所や郵便番号から最寄りの引き取り場所を検索できます。
RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

5. 回収してもらう

引き取りを依頼した場合は、予定日時に業者が回収してくれます。その際、家電リサイクル券に必要事項を記入してください。

6. リサイクル料金例(平成27年4月1日現在)

  • エアコン:1404円~
  • 冷蔵庫(170L以下):3,672円~
  • 冷蔵庫(171L以上):4,644円~
  • 洗濯機:2,484円~
  • ブラウン管(15型以下):1,836円~
  • ブラウン管(16型以上):2,916円~
  • 液晶(15型以下):1,836円
  • 液晶(16型以上):2,916円~

別途回収費用が必要です。

家電リサイクル法の回収利用について

回収する際には必ずリサイクル料金が発生します。無料回収や無料引き取りなどで回収する業者に注意が必要です。はじめは、「無料」で済んでラッキーと思うところですが、荷物を積み込んだ後に高額な費用を請求する被害やトラブルが発生しています。「家電のリサイクルには、リサイクル料金が必要」と覚えておきましょう。電気店・自治体・持込場所の中で、自分の都合にあった回収方法を選びましょう。

廃棄したい
パソコンは?