土曜営業日  パソコン廃棄.comは土曜日も隔週営業
プライバシーマークを取得しています。

ノートPCの画面が映らなくなったら

ノートPCは、開くと正面に液晶画面、手元にキーボード、タッチパッドという構成になっています。液晶画面の大きさは、12インチ~17インチが多く販売されています。液晶の種類は、DSTNやTFTなどがあります。最近のPCは、すべてTFT液晶が使用されています。

今回のテーマでは、ノートPCの液晶画面のトラブルについて説明します。

1. 画面が映らなくなった(症状)

ノートPCは、デスクトップPCに比べ携帯性が高いため、気軽に持ち運びができます。その為、落下・衝突などによって液晶ディスプレイを破損する可能性が高く。本体は、故障していないが「画面だけが映らなくなる」ということが発生してしまいます。

代表的な症状としては、以下のとおりです。

  • 液晶画面が割れて映らない
  • 画面が暗すぎて見えない
  • 画面が真っ白で見えない

2. 対処法や意外な流用

液晶画面が映らなくなった場合の対処法は、主に3つあります。

2.1. 液晶パネルを交換する

業者に依頼するか、自分で行うかになります。自分で行う場合は、詳しい知識と技術が必要ですのでハードルが高くなります。液晶パネルの購入費用のみで済むので、1万円以内で治すことも可能です。業者に依頼する場合は、1万円以上場合に液晶画面のサイズよっては、3万円以上かかる場合があります。

2.2. 液晶ディスプレイに接続し、デスクトップパソコンのように使用

思い切ってノートPCをデスクトップPCのように液晶ディスプレイ・キーボード・マウスを接続しデスクトップPCとして使用するのも1つの方法です。割れている画面は、必要ないので電源を投入した後は、ノートPCを閉じて使用しましょう。PC本体としての機能は、そのままですので省スペースなデスクトップPCの誕生です。

2.3. 買い替える

こちらは、新しいPCを購入する方法です。画面の映らないノートPCからデータを移行したい場合は、液晶ディスプレイに接続し、必要なデータを取り出したり、消去したりしましょう。

まとめ

ノートPCは、パソコンの中でも物理的な故障が起きやすく、購入して間もなく使い物にならなくなる場合があります。その中でも、液晶画面だけ見えなくなる場合はまだ、PCとしての機能は動作可能なので諦めずに修理や流用して必要なコストを最小限におさえましょう。

パソコン無料廃棄キャンペーン中!!

パソコン廃棄.comではパソコンを無料廃棄します。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはパソコン廃棄.comを参照ください。

パソコン無料廃棄キャンペーン中 (実施期間 9/1(日)~9/30(月)発送分)

手順は簡単3ステップ!

発送時のご連絡は一切不要です。

廃棄できないもの

粗大ごみ(有料)か燃えないごみ(無料)などで廃棄できます。自治体HPを確認下さい。

廃棄できないもの一覧 廃棄できるもの デスクトップ・ノートパソコン 腕時計・貴金属類 AC・ケーブル類 office、ガラケー、ゲーム機

廃棄したい
パソコンは?