土曜営業日  パソコン廃棄.comは土曜日も隔週営業
プライバシーマークを取得しています。

CD・DVDドライブ不良の原因と対処方法

CDやDVD、Blu-rayドライブは読み書きするレンズの部分やディスクを出し入れするトレイなど複数の部品から作られているので、様々な症状が発生します。CD・DVDドライブに不良が起きた際に簡単にできる対処方法をご紹介します。直らないので捨てたい場合のパソコンを無料で廃棄できる方法もご紹介いたします。

1. CD・DVDドライブ不良の時の症状と原因

1.1. 光学ドライブが対応していない

  • パソコンの画面にCD/DVDドライブが表示されません
  • データCDやデータDVDが読み込めません(両方の場合も含む)

ディスクの種類(CD-R、DVD+R など...) が、光学ドライブと互換性がないと、認識できません。光学ドライブはスーパーマルチドライブやDVDコンボドライブなど種類があり、一般的なスーパーマルチドライブであれば、CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RWに加えDVD-RAMの読み書きに対応していますが、Blu-rayは読み書きできません。

1.2. ソフトウェアの問題

  • BD-Rに書き込めません
  • BD-REに書き込めません
  • ドライブを認識していない

パソコンにBlu-rayにデータを書き込むためのソフトウェアが入っていない。ソフトウェアが最新のBlu-rayドライブに対応していないといったソフトの問題が考えられます。Windowsの設定でのBlu-rayドライブと認識されていない場合があります。

1.3. CD・DVDドライブの故障

  • トレイが開かない

トレイが開かないときは開閉部の機械的構造が故障・劣化しています。デスクトップパソコンであればドライブが縦置きだと開かない、横置きだと開く場合があります。これは、ドライブ中のトレイ開閉の為の歯車に付いている輪ゴムが緩んで、空回りしています。ドライブを認識していない。

2. CD・DVDドライブ不良の場合の対処方法

2.1. ソフトウェアの再インストール・アップデート

書込み用ソフトウェアを再インストールしたり、最新版にアップデートをしたりすることでドライブ不良が直る場合があります。また、CD・DVDドライブ側のソフトウェア(ファームウェア)を更新すると装置の不良が直る可能性もあります。メーカーページを参照してください。

診断ツールがMicrosoftから提供されています。診断ツール Fix it

2.2. ドライブを再接続してみる

  1. パソコンに接続しているドライブを取り外す。
  2. 取り外したままでパソコンを起動、シャットダウン。
  3. パソコンにドライブを接続する。
  4. パソコンを起動。

パソコンメーカーのホームページから取扱説明書を確認して、ドライブをパソコンから抜いてみましょう。ノートパソコンでもネジ数本で取り外すことができます。

3. 直らないのでパソコンを廃棄する

残念ながらパソコンを廃棄しないといけなくなった場合は、ぜひパソコン廃棄.comを利用してください。無料でパソコンの廃棄ができます。お勧めする理由は、「無料」「動かないパソコンでもデータ消去」「面倒な手続きが不要」だからです。起動しないパソコンのデータを残すためにパソコンからハードディスクが取り外されていても問題ありません。起動しないパソコンは、部品や金属の素材として再利用されます。

パソコン無料廃棄キャンペーン中!!

パソコン廃棄.comではパソコンを無料廃棄します。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはパソコン廃棄.comを参照ください。

パソコン無料廃棄キャンペーン中 (実施期間 3/1(金)~3/31(日)発送分)

手順は簡単3ステップ!

発送時のご連絡は一切不要です。

粗大ごみ(有料)か燃えないごみ(無料)などで廃棄できます。自治体HPを確認下さい。

廃棄したい
パソコンは?