パソコンの音が小さい・聞こえない原因と対処方法

パソコンではCDやDVDのほかにもitunesやYoutubeから音楽・動画コンテンツを楽しんでいます。パソコンの音が小さい・聞こえない場合の簡単にできる対処方法をご紹介します。直らないので捨てたい場合のパソコンを無料で廃棄できる方法もご紹介いたします。

1.パソコンの音が小さい・聞こえない時の症状と原因

1.1. 再生用ソフトウェアの問題

  • 音楽CDやDVDの再生時に、音が聞こえません
  • ダウンロード・ストリーミング動作の再生時に、音が聞こえません

再生しようとしている動画にパソコンが対応していない場合があります。音楽や動画にはMP3やaviなどいろいろな再生方式が存在します。その中でお使いのパソコンではライセンスの関係で再生するためのソフトウェア(コーデック)が入っていないため音が鳴りません。また、再生用ソフトウェアがとてもマシンパワーを使うため、パソコンの動作が重くなって音が鳴らない場合もあります。

1.2. Windowsの設定の問題

  • 音が出ません(まったく出ない)
  • 音が小さい
  • S/PDIF接続すると音が出ない
  • HDMI接続で音が出ない

Windowsにはサウンドを設定する箇所がいくつかあります。「システム音量の調整」「オーディオデバイスの管理」「スピーカーのプロパティ」そのうちの一つでもおかしいと音が出ない・音が小さいままになります。

1.3. 接続している機器の問題

  • S/PDIF接続すると音が出ない
  • HDMI接続で音が出ない

液晶モニターとHDMI端子で接続するとパソコンが自動で音声の出力先をHDMI端子へ振り変えてくれるのですが、スピーカーを内蔵していない液晶モニターだと音を出せないので無音になります。また単純に外部スピーカーが故障している・ボリュームつまみが絞られている場合もあります。

2.パソコンの音が小さい・聞こえない場合の対処方法

2.1. ソフトウェアをインストール・アンインストールする

Windows8・Windows 10には、DVD再生機能が用意されていません。そのため、DVDを再生するには別途ソフトのインストールが必要です。インターネット上からGOM PlayerやVLC media playerといったフリーソフトウェアを入れてみましょう。また、特定のソフトを入れてから音が出なくなった場合は、削除しましょう。

2.2. Windowsの設定を確認する

windowsの中に「オーディオ再生のトラブルシューティング ツール」があるので実行してみましょう。

  1. [スタート] をクリック。
  2. [コントロール パネル] をクリック。
  3. 検索ボックスに「トラブルシューティング」と入力。
  4. [トラブルシューティング] をクリック。
  5. [ハードウェアとサウンド] > [オーディオ再生のトラブルシューティング ]

2.3. 接続している機器・ケーブルの取り外し・交換

パソコンに接続している機器を取り外してみましょう。Bluetooth通信でヘッドセットと繋がっていてどこかに置いたヘッドセットから音が出ている場合もあります。HDMIやイヤホンケーブルの故障の可能性もありますので液晶テレビなどで使っているケーブルと交換してみて問題ないか確認しましょう。

3.直らないのでパソコンを廃棄する

残念ながらパソコンを廃棄しないといけなくなった場合は、ぜひパソコン廃棄.comを利用してください。無料でパソコン廃棄ができます。お勧めする理由は、「無料」「動かないパソコンでもデータ消去」「面倒な手続きが不要」だからです。起動しないパソコンのデータを残すためにパソコンからハードディスクが取り外されていても問題ありません。起動しないパソコンは、部品や金属の素材として再利用されます。

パソコン無料廃棄キャンペーン中!!

パソコン廃棄.comではパソコンを無料廃棄します。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはパソコン廃棄.comを参照ください。

パソコン無料廃棄キャンペーン中 (実施期間 1/1(火)~1/31(木)発送分)

手順は簡単3ステップ!

発送時のご連絡は一切不要です。

粗大ごみ(有料)か燃えないごみ(無料)などで廃棄できます。自治体HPを確認下さい。

廃棄したい
パソコンは?