不要なパソコンを捨てる方法

家庭の押し入れやクローゼットの中に古いPCやディスプレイ、キーボードやマウス、携帯電話などが眠っていませんか?会社では、倉庫やサーバールームに不要なサーバーやリプレース済みのPCが眠っていませんか?

答えは、「捨て方がよくわからない。」ではないでしょうか?単純にゴミとして出すことはできないのです。なぜなら、パソコンには、個人情報が入っているからです。

1. 不要なパソコンとは?

不要になる、使わなくなったPCとは以下のように分類されます。

使用済みのパソコン

  • Windows98や、XP、Vistaなどの古いOSのPC
  • PC98やPC88などのPC
  • PowerMac G3やG4
  • 使用しなくなった液晶ディスプレイ

故障したパソコン

  • 起動しなくなったPC
  • 画面の表示がしないノートPC
  • 画面の映らない液晶ディスプレイ

その他使用済み周辺機器

  • 外付けHDD
  • キーボードやマウス、ACアダプタ

不要なPCは、場所をとるので押し入れやクローゼットの中に仕舞われます。

2. パソコンは、なぜ捨てにくいのか?

一般ごみでもなく、粗大ごみでもない。そして、個人情報が入っているという理由で簡単に処分できません。

3. 家庭の不要パソコンの台数

1台ぐらいであれば、何かあった時に過去のデータを確認できるかなと保管できます。これが、2台・3台、デスクトップ型などとなってくるといよいよ、処分しなければなりません。

パソコンの普及率が上がってきた1990年代から現在2016年まで既に20年が経とうとしています。約5年サイクルでPCを購入していると1人につき4台、1家族で10台近く持っている家庭も少なくはありません。

4. 不要なパソコンの捨てる方法

パソコンには、個人情報が入っている為、基本は、以下の手順になります。

  1. データのバックアップ
  2. データ消去
  3. 捨てる

具体的な準備や方法についてまとめているので下記、リンクを参考にしてください。

パソコンの廃棄方法

  1. パソコン廃棄の準備
  2. 廃棄の方法
  3. 捨てたいパソコン
  4. ガイドライン
  5. データ移行
  6. データ消去
  7. ごみとして捨てられません
  8. パソコン廃棄業者の比較

まとめ

不要なパソコンを捨てる方法について説明しました。安全面とコスト面の両方がよい業者を選ぶのが良いのでしょう。当社(パソコン廃棄.com)では、プライバシーマークの取得会社であり処分・データ消去・送料のすべてが無料なのでパソコン廃棄.comはおすすめのパソコン廃棄業者です。

廃棄したい
パソコンは?