パソコンの無料回収って大丈夫?無料の理由と安全性を調べてみた

パソコンの無料回収って見たり聞いたりしたことあるけど、なぜ無料でできるのでしょうか。回収したのちに悪用されていないのでしょうか。ここでは、無料回収できる方法とそれぞれの安全性、なぜ無料なのかサービスの成り立ちも踏まえながら比較したいと思います。

パソコンを無料回収してもらうには以下の4つ方法があります

  1. パソコンメーカー
  2. 自治体
  3. パソコンリサイクル会社
  4. 廃品回収業者

1. パソコンメーカー

メーカーにインターネットや電話で受け付けすると無料回収してもらえます。無料回収には条件があり、パソコンやディスプレイにPCリサイクルマークがついていると無料です。

無料の理由は、PCリサイクルマークがついているパソコンには、販売代金にPCリサイクル費用が上乗せされています。つまり、すでに廃棄費用を支払い済みなのです。

これは平成15年(2003年)10月に施行された資源有効利用促進法が基になっており、法律では、メーカーは販売したパソコンの回収・リサイクルが義務づけられているからです。

PCメーカーまとめ

2. 自治体

多くの自治体ではゲーム機や携帯電話といった小型家電の無料回収を行っています。一般的な回収方法は回収ボックスを公共施設や大型ショッピングセンターに設置する方式をとっていますので、小型なパソコンをボックスに投函することで回収できます。デスクトップや液晶モニターはほぼ不可。

無料の理由は、リサイクルを目的として回収しており、パソコン、携帯電話やデジタルカメラ等の小型家電製品は、金銀などの貴金属、リチウム、パラジウムなどの希少金属が含まれており、「都市鉱山」とも呼ばれ、産業用の貴重な資源として再利用することができるからです。

平成25年度4月1日から施行された小型家電リサイクル法に基づいています。使用済小型電子機器等の再資源化を促進しようという試みです。一部の家電量販店やネット系の会社でも行われています。

3. パソコンリサイクル会社

パソコン廃棄.com(当サイト、パソコンリサイクルの専門会社)に連絡不要で送るだけで、パソコンの廃棄できます。PCデータ消去無料。キャンペーン対象製品なら送料無料(ヤマト宅急便の着払い)。そのほかも資源化料金は一切かかりません。

無料の理由は、回収したパソコンに消去をおこなったのちに再利用(リユース)したり、部品を再生したりすることで、費用の負担をまかなっています。ただ希少金属へ再資源化するだけではコストが多くかかるため、パソコンをパソコンとしてもういちど利用しようというサービスです。

こういった企業に依頼する場合は、個人情報まもっている証のプライバシーマークを取得しているかどうか、また口コミなどで比較するとよいでしょう。

パソコン廃棄.com

4. 廃品回収業者

方法として紹介しますが、安全ではないのでおすすめはしません。町中を大音量で巡回、チラシを配布しているような廃品回収業者でパソコンの無料回収を行っています。指定場所に持ち込みするか巡回中に呼び止める方法があります。無料の理由は、中古品等の転売を目的として回収を行っているからです。

多くの自治体では、廃品回収業者と利用者との間でトラブルが発生しているので利用しないように呼び掛けています。ほとんどの業者が「違法」で無料とかたって、高額な処理料金を請求された事例もあります。

環境省_廃棄物の処分に「無許可」の回収業者を利用しないでください

メーカー・自治体は公的、リサイクル・回収会社はしっかり確認

ここでは詳しく説明していませんがメーカー・自治体の無料回収は安心ですが、制約や時間がかかります。リサイクル・回収会社は小回りが利いて当日でも回収できますが、利用する前にしっかりしているところなのか、住所や連絡先、企業名などを確認しておいたほうがより安心です。

廃棄したい
パソコンは?