土曜営業日  パソコン廃棄.comは土曜日も隔週営業
プライバシーマークを取得しています。

パソコンを引き取りしてもらう方法

パソコンを引き取りしてもらう方法は、メーカー、家電量販店、市町村、業者の4つがあります。

1. メーカーに引き取りを依頼する

平成15年10月1日から資源有効利用促進法により、パソコンメーカーはパソコンを引き取りする義務があります。インターネットから引き取りを申し込んで1週間から2週間で廃棄できます。

パソコンメーカーで回収された使用済みパソコンは、回収センターに集められた使用済みパソコンは、リサイクルセンターに送られ、そこで選別、分別、分解されます。製品として再生されたものはリユースされ、また市場に出回ります。このようなパソコンをリフレッシュパソコンといいます。原料レベルまで分解された資源は再資源化業者によってリサイクルされ、再度原料として生産工場に運ばれます。

メーカーでパソコンを廃棄する方法

2. 家電量販店に引き取りを依頼する

家電量販店では、買取・下取りといった形でパソコンの引き取りを行っています。一部の店舗では、リサイクル企業と提携をして無料・有料にて店頭で引き取りしています。

  • ヤマダ電機:買取の場合は中古PC買取を行っている店舗、下取りの購入した店舗に新しく購入したパソコンのレシートを持っていく。
  • ピーシーデポ:個人使用のパソコンであれば、近くの店舗に持ちこむことで不要なパソコンを買い取ってくれる。下取り品は動作するものに限ります。
  • エディオン:パソコン・携帯電話を店頭に持ち込むことで回収しています。無料(パソコン、付属品、周辺機器など)有料(プリンタ、スキャナ、ブラウン管・液晶モニターなど)

家電量販店・パソコンショップによるパソコン回収

3. 市町村に引き取りを依頼する

一部の自治体では、2013年4月から施工された小型家電リサイクル法に基づき、家庭で不要になったパソコンやデジカメ・携帯電話などを引き取りしています。自治体が集めた小型家電を国の認定事業者が買い取り、それら素材として金属やプラスチックとして再生・販売するため自治体の引き取り費用が無料になります。

  • 引き取り(ボックス回収):ノートパソコンなど小型のものは公共施設やスーパー、家電小売店などに専用の回収ボックスが設置されているので投函する。
  • 引き取り(手渡し):デスクトップパソコンや液晶ディスプレイは指定された施設で職員に手渡す。

各地域からのパソコン無料廃棄の案内

4. 業者に引き取りを依頼する

パソコン廃棄.comでは、ホームページの手順に従って、梱包を行い、ヤマト宅急便で送れば、どのメーカー・自作でも無料で廃棄できます。送料無料・データ消去無料・廃棄処分代無料です。理由としては、パソコンを廃棄するのではなく、リユース・リサイクル(再資源化)することで、処理費用をまかなっています。

不要なパソコンを「無料廃棄」出来ます | パソコン廃棄.com

パーツ別引き取り方法

30cm以内の燃えないゴミは、不燃ごみとして出すことが出来ます。自治体で違いはありますが小さなプラスチック・紙類は、まず「不燃ゴミ」で問題ありません。購入して2,3年のパソコンにあるハードディスク・CPU・メモリ・ハードディスク・ビデオカードはPCパーツ買取店に買取してもらうことができます。

PCパーツの廃棄方法

引き取り前のデータ消去

パソコンの中に残っているデータがそれほど気にならなければ、データ消去をしてくれる引き取り方法にお任せするのが良いでしょう。ただし知っておくべきことは、USBメモリーに写真フォルダを移した、パソコンのゴミ箱にデータを捨てたとしても・・・データは消えないということです。見かけ上は存在しませんが、データ削除やフォーマットや初期化を行ってもハードディスクにはデータの残っていて、データ復活ツールで復活できることがあります。データとは、個人情報(年賀状ソフトの住所録)、銀行やamazonといったweb上の会員情報(ブラウザにパスワードなどを自動登録)、クレジットカード番号、デジカメから入力した写真や動画、itunesのアプリ・アカウント、自宅で作業した仕事のエクセルなど数限りありません。特にパソコンを譲る場合は、自分でデータ消去をしておかないとトラブルの元となります。また、物理的に破壊しようと、パソコンを分解してしまって廃棄できなくなる場合がありますので注意が必要です。

ハードディスク上のデータ消去の方法と手順、物理破壊

4. 「引き取り」とは

引き取りは、パソコンの受け渡しのことです。場所については、自宅や会社に引き取りに出向くことだけでなくパソコン廃棄.com(リブート株式会社)に持込をして、受け渡しした場合でも引き取るという表現をします。近い言葉で、受け取るという言葉がありますが受け取る場合は、所有権については移転しておらず引き取る場合は、所有権が移動します。また、引き取る場合は、渡す相手が「不要なもの」であることも示しています。

パソコン無料廃棄キャンペーン中!!

パソコン廃棄.comではパソコンを無料廃棄します。
パソコンメーカー、年式、型番、動作不良の有無は問いません。
データは確実に消去を行なっておりますので、ご安心下さい。
詳しくはパソコン廃棄.comを参照ください。

パソコン無料廃棄キャンペーン中 (実施期間 5/1(水)~5/31(金)発送分)

手順は簡単3ステップ!

発送時のご連絡は一切不要です。

粗大ごみ(有料)か燃えないごみ(無料)などで廃棄できます。自治体HPを確認下さい。

廃棄したい
パソコンは?