土曜営業日  パソコン廃棄.comは土曜日も隔週営業
プライバシーマークを取得しています。

コンプライアンスについての取り組み

パソコン廃棄.comは廃棄物処理対策・情報漏えい対策に社会的使命と公共性を常に自覚し、責任ある健全な業務運営の遂行に努めます。

コンプライアンスについて

中古品・不用品の取扱いについては様々な法律が関連します。また昨今の不法投棄問題など、企業倫理も重要です。弊社は環境ビジネス企業が持つ社会的使命と公共性を常に自覚し、責任ある健全な業務運営の遂行に努めております。

また、情報漏えいに対してもデータ消去やディスク穴あけサービスを行っておりますので、お客様のコンプライアンスにご協力出来るものと自負しております。

廃棄物処理について

中古品・不用品の取扱いは廃棄物と関わりがあります。弊社と廃棄物の取扱いについてまとめましたのでご参考下さい。

Q.産業廃棄物の取扱いは行っていますか。
A.パソコン処分.comでは産業廃棄物の取扱いを行っておりません。

Q.壊れたパソコンは産業廃棄物になりますか。
A.産業廃棄物になりません。まず弊社は廃棄物としての取扱いではなく壊れたパソコンでもパソコンや部品・素材として引取りをさせて頂いております。

産業廃棄物処理法に該当する廃棄物の中に「鉄くず」がありますが、行政解釈としてシュレッダーされたあとの本当に屑として扱われるものを「金属くず」としていますので、弊社にてリサイクルのためにパソコンや部品・素材として引取りされるものについては廃棄物に該当いたしません。

もっとも法律の対象となる廃棄物は限定されており(紙くずや木くず、廃油など)、パソコンの場合にはこれらに該当することはありません。

情報漏えいについて

電子情報技術産業協会(JEITA)では、「データ消去の責任はユーザにある」としています。つまり譲渡や売却、廃棄される場合には現所有者が責任を持ってデータを抹消しなければなりません。残っていたデータを使った方が悪いという見解はお客様の信頼をなくす結果となるでしょう。

例えば、リースパソコンの返却はどうでしょうか。使用済みパソコンをそのままリース会社に返してもその後のデータの責任まで放棄したことになりません。

そういった場合でも弊社にお任せ下さい。

パソコンの回収・データ消去・返却まで弊社が行います。弊社はデータの重要度に合わせた豊富なイレースオプションを用意しておりますので、引取りをご希望で無い場合もまずはご相談下さい。

パソコン無料廃棄キャンペーン中 (実施期間 3/1(金)~3/31(日)発送分)

手順は簡単3ステップ!

発送時のご連絡は一切不要です。

粗大ごみ(有料)か燃えないごみ(無料)などで廃棄できます。自治体HPを確認下さい。

廃棄したい
パソコンは?