企業のパソコンの廃棄

地球規模での環境保護と資源問題を抱えている現代では、各企業のリユース・リサイクル活動への積極的な取組みは外すことはできません。企業・事業者は正しい知識と情報を持ったうえでコンプライアンスに則り、使用済みパソコンを適正に排出しなければなりません。

はじめに

最近ではパソコンの機能的なサイクルも早く、また価格的にも安価なビジネスパソコンが市場に出回るようになり、3年程度のサイクルで入替えを実施している企業様も多いことと思います。

企業・事業所などのパソコンの入替え時には、大量のパソコン廃棄処分が必要になりますが、実際にはパソコンの処分ができていないという企業様も多いのではないでしょうか?その理由として「セキュリティが心配」「経費がかかる」「担当者がいない」「面倒」という点が上げられています。

現在では、環境問題対策も重視され「資源有効利用促進法※1」に伴い、パソコン廃棄処分にも「3R※2」が推進されています。貴重な資源を無駄にすること、また危険な物質を生活環境に放出することは、法的にもはっきりとした規制がしかれるようになっています。

企業・事業所においてのパソコンの廃棄処分について、疑問をお持ちになったことはありませんか?「パソコンを廃棄すること」について、さまざまな情報をご案内させていただきます。

企業のパソコンの廃棄|家庭と企業の廃棄は違う企業の法的責任パソコン廃棄マニュアル

※1「資源有効利用促進法」
資源の有効な利用の促進に関する法律。平成13年4月施行。
※2「3R」
PC3R : : 一般社団法人 パソコン3R推進協会外部リンクURL

データ消去の動画をみる
インターネットでのお問い合わせ

この記事が参考になりましたら、SNSで共有お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加