Webサービス系のパソコン廃棄について

Webサービス系の会社には、大手ではYahoo、Google、Amazon、楽天などがあります。Webサービス系では、自社でサーバーやアウトソーシングでサーバーを保有していることが多く、サーバー・ネットワーク機器・クライアントPCなどが発生します。

パソコンの廃棄をする場合、パソコンや液晶ディスプレイ、ブレードサーバーなどを廃棄依頼されるケースが多く本体の廃棄だけでなく、キーボードやACアダプタなどの周辺機器も廃棄しなければなりません。

廃棄の対象

パソコン、タブレット、サーバー、HDD、メモリ、CPU、プリンタなど

引取方法

会社のサーバールームやデータセンターで保管されている場合が多くスムーズな搬出ができます。

データ消去

サーバーが多く、Windows以外のOSに対応した消去ソフトを使用します。また、ドリルで穴あけする破壊での消去も行います。

コストの目安

  • PC廃棄費用:1台約3,000円~
  • データ消去費用:1台約3,000円
  • 運搬費用:1件20,000円~(エレベーターが無い場合は、+30,000円など)
  • 証明書発行費用:5,000円

例えば、廃棄業者に依頼して100台の廃棄をする場合、約65万円ほどかかります。

当サイト:パソコン廃棄.comでは、100台の廃棄をする場合でも無料で全て行うことが出来ます。約65万円→0円