病院のパソコン廃棄について

病院には、国立病院、大学病院、一般病院、等があります。

パソコンの廃棄をする場合、レンタル・リース:返却、または廃棄、資産:廃棄

レンタルやリースをしている場合は、返却で完了することができます。一部契約条件によっては、病院側で廃棄。資産として学校が所有している場合も廃棄になります。

廃棄の対象

先生用PC、事務用PC、液晶ディスプレイ、サーバー、プリンタ、ネットワーク機器、プロジェクタ等

引取方法

引き取りが可能な時間帯や搬出ルートが限定されているケースが多く病院の体制や保管スペースによって、大きく差があります。

データ消去

患者様のデータを多く持っている為、確実な消去である物理破壊を選択する病院が多いです。また、病院のシステム担当がHDDを取り出し物理破壊した後にPC廃棄を依頼される場合もあります。

コストの目安

  • PC廃棄費用:1台約3,000円~
  • データ消去費用:1台約3,000円
  • 運搬費用:1件20,000円~(エレベーターが無い場合は、+30,000円など)
  • 証明書発行費用:5,000円

例えば、廃棄業者に依頼して100台の廃棄をする場合、約65万円ほどかかります。

当サイト:パソコン廃棄.comでは、100台の廃棄をする場合でも無料で全て行うことが出来ます。約65万円→0円

  • データ消去無料
  • リサイクル無料
  • 回収無料

病院のパソコンを廃棄されたい担当者様へ

パソコンの廃棄に関して病院は、国立・大学・一般関係なく方針は違います。いずれの方法でも、お金や、手間をかけて廃棄されているケースが多いです。

  • ゴミとして廃棄物と同じく処分(有料)
  • 定のリサイクル業者に依頼(有料~無料)

病院のパソコンを廃棄されたい担当者様へ

病院の方針としてゴミの廃棄量および廃棄コスト削減のため各部署で購入した大学で管理されていないパソコンについては一括で、パソコン廃棄.COMへ廃棄依頼を推奨。

このように、現在まで廃棄物として廃棄物業者へコストと手間をかけていた事が「無料」で「安全」に廃棄できるようになっています。