パソコン廃棄のコスト削減(経費削減)方法

企業(法人)がパソコンを廃棄する場合、3種類の方法があります。下記、に各々の特色を表にまとめました。

パソコン廃棄の比較表

比較表 パソコン廃棄.com 廃棄業者 買取業者
データ消去 0円 有料 有料
廃棄コスト 0円 約3,000円/台 買取金額
出張コスト 0円(10台以上 有料 有料
証明書 引取証明書 マニフェスト伝票 買取証明書
対応スピード 即日対応可 約2週間~ 約1週間~

パソコン廃棄.comがお金をかけずに、安全に廃棄することができます。対応スピードも即日からなので、すぐに廃棄できます。その他は、廃棄業者・買取業者共にお金を支払わなければ、廃棄することができません。また、対応スピードも手続きに時間が掛かる為、すぐに廃棄することができません。

パソコン廃棄.comなどのパソコンリサイクル会社であればトータルコスト0円で廃棄し、大幅な経費削減となります。経費削減(コスト削減)の具体策、アイデアの一つとしてパソコン廃棄を無料(0円)の紹介でした。

100台のパソコンを廃棄する場合のコスト事例

廃棄業者の場合(参考価格)

データ消去コスト:4,000円×100台=40万円
廃棄処分コスト:3,000円×100台=30万円~0円
出張コスト:1拠点=5万円
合計コスト:75万円

メーカーの場合(参考価格)

データ消去コスト:4,000円×100台=40万円
廃棄処分コスト:3,000円×100台=30万円
出張コスト:出張不可
合計コスト:70万円~40万円+配送コスト

パソコン廃棄.comの場合

データ消去コスト:0円×100台=0円
廃棄処分コスト:0円×100台=0円
出張コスト:東京近郊エリアは0円
合計コスト:0円

まとめ

データ消去コストや廃棄コストは、1台につき数千円かかるので台数が増えるほど、経費がかかってしまいます。そんな時には、パソコンリサイクル会社のパソコン廃棄.comに出すとそれぞれのコストは0円になるので数十万の経費削減が行えます。「なぜ、経費が0円なのか?」それは、データ消去をした後に、リユース・リサイクルされるからです。新しいパソコンは、修理を行い中古パソコンとして売買されます。古いパソコンは、金属やプラスチックとして再利用されます。このように、使用済みのパソコンを再利用することによって大きな負担となるパソコン廃棄の経費削減を実現しています。

データ消去の動画をみる
インターネットでのお問い合わせ