マニフェストの記入方法

マニフェストに記載されている内容と記入方法をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記入の詳細

マニフェスト7枚複写内訳

A票 排出事業者の控え
B1票 収集運搬業者の控え
B2票 収集運搬業者から排出事業者に返送され、運搬終了を確認
C1票 処分業者の保存用
C2票 処分業者から収集運搬業者に返送され、処分終了を確認
D票 処分業者から排出事業者に返送され、処分終了を確認
E票 処分業者から排出事業者に返送され、最終処分終了を確認

マニフェストの記入欄

交付年月日記入欄 マニフェストを交付した年月日を記入します。
交付担当者記入欄 マニフェスト交付の担当者が署名捺印します。
排出事業者名記入欄 排出事業者の名称・住所・電話番号等を記入します。
排出事業場記入欄 実際に廃棄物を出す場所の名称・所在地・電話番号を記入します。
産業廃棄物種類記入欄 該当する廃棄物の種類にチェックをいれ、名前・数量・荷姿・処分方法等を記入します。
最終処分の場所記入欄 最終処分される処分場の名称・所在地・電話番号を明記するか、「委託契約書記載のとおり」にチェックをいれます。
運搬受託者記入欄 運搬業者の名称・住所・電話番号を記入します。
処分受託者記入欄 産業廃棄物を処分する業者の名称・住所・電話番号を記入します。
運搬先の事業場欄 廃棄物が搬入される処分業者の事業場の名称・所在地・電話番号を記入します。
運搬担当者の記入欄 実際に運搬した者が署名捺印します。
照合確認日付記入欄 返送されてきた伝票をそれぞれA票と照合確認し、確認した日付を記入します。

マニフェスト伝票を記入する上で注意することは、

排出する種類ごと、運搬ごと、車両ごとに交付する。
排出者・廃棄物の種類・数量・受託者などの欄はすべて排出事業者が記入する。

ということです。

パソコン廃棄マニュアルパソコンメーカーに依頼する産業廃棄物処理業者に委託する

データ消去の動画をみる
インターネットでのお問い合わせ

この記事が参考になりましたら、SNSで共有お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加