このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン廃棄.comとは

パソコン廃棄.comは、従来のパソコン廃棄サービスとは異なります。廃棄物として有料で収集運搬するのに対し、リサイクル物として無料で引取ります。また、パソコンにはデータが残っているので、データ消去も無料で行っています。

このように、パソコン廃棄.comでは、

「捨てる」→「データ消去+リサイクル」

を行い、安全で環境にやさしくコストをかけないサービスを提案します。

他サービスとの違い

パソコン廃棄サービスの比較

マニフェストに代わる証明書

マニフェストに代わる証明書
データ消去証明書・報告書の発行ができます
マニフェストに代わる証明書

パソコン廃棄.comとマニフェストの比較

パソコン廃棄.comは、マニフェスト(産業廃棄物管理表)の発行は行っておりません。その代わりとなるパソコン廃棄方法を提供しています。パソコンを廃棄するときは「情報の漏洩が無いか」「不法投棄がないか」の2点が重要になります。

これらと「費用」についてマニフェストとパソコン廃棄.comの比較を行いました。

パソコンを廃棄するときのポイント

ポイント1
情報の漏洩が無いか
ポイント2
不法投棄がないか

マニフェスト制度では、排出事業者は収集運搬業者と処分業者それぞれと直接委託契約を結び、処理委託後は排出事業者が各業者(運搬業者・処理業者など)から処理終了を記載したマニフェストを受取ることで、委託内容どおりに廃棄物が処理されたことを確認することが義務付けられています。 これによって、不適正な処理による環境汚染や社会問題となっている不法投棄を未然に防ぐことがマニフェスト制度の目的です。

パソコン廃棄.comとマニフェストの比較

比較内容 パソコン廃棄.com マニフェスト
データ消去の証明 データ消去の証明できる 証明できる
データ消去作業を実施。
消去証明書を発行。
証明書・報告書の発行
データ消去の証明できない 証明できない
データ消去作業は行わない。
資産の行方 「資産の移動」を証明できる 証明できる
「資産の移動」を証明。
引取証明書を発行。
証明書・報告書の発行
「資産の償却」を証明できる 証明できる
「資産の償却」を証明。
環境対策 リユース・リサイクル リユース・リサイクル
素材としてリサイクル
中古としてリユース。
リユース・リサイクルの流れ
適正に処分 適正に処分
産業廃棄物として最終処分。
産業廃棄物処理業者に委託
処理コスト コストがかからない コストがかからない
全てのPCを0円で廃棄。
データ消去も無料。
コストがかかる コストがかかる
発行費用や1台毎・重量で運搬・処理費用が必要。
廃棄業者のパソコン回収料金例

まとめ

パソコン廃棄.comの無料処分サービスでは、引取証明書・データ消去証明書の2つの証明書の発行によって、マニフェストによって定められている「産業廃棄物が正しく処理されたか」の確認義務に相当するコンプライアンスを得ることが可能です。「廃棄・処分」にコストをかけずに「リユース・リサイクル」で大幅な経費削減を実現いたします。