このエントリーをはてなブックマークに追加

データ消去証明書・報告書の発行ができます

パソコン廃棄.comで発行できる証明書・報告書は3種類あります。廃棄方法(出張・配送・持込)によって発行できる証明書が異なりますのでご確認の上、必要な場合はご依頼ください。証明書発行の有無に関わらず、全てのハードディスクのデータ消去を行っていますのでご安心ください。

1.引取証明書 簡易版(出張引取・持込引取のみ)

ご希望により無料で発行いたします。

1.お客様が「資産譲渡」したことを証明します。
2.パソコンの種類と台数を記載いたします。

引取証明書 ご希望により無料で発行引取証明書 雛形

引取証明書 簡易版の記載内容:パソコン本体の機種(デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、サーバー、ハードディスク単体など)・台数、引取り日、引き取り場所、データ消去を実施する旨の記載

2.引取証明書兼データ消去作業証明書(出張引取・持込引取のみ)

ご希望により有料(5,000円)で発行いたします。

1.お客様が「資産譲渡」したことを証明します。
2.メーカー・型番と台数を記載いたします。
3.「データ消去作業」を行ったことを証明します。

引取証明書兼データ消去作業証明書 雛形引取証明書兼データ消去作業証明書 雛形

引取証明書兼データ消去作業証明書の記載内容:パソコン本体のメーカー・種類(デスクトップ、ノートパソコン、液晶モニタ、サーバー機器など)・型番・台数、引取り日、引き取り場所、データ消去完了した旨の記載

3.データ消去作業完了証明書(出張引取のみ)

ご希望により有料(3,000円/台)で発行いたします。

「データ消去作業」を行ったことを証明します。ハードディスク1台ずつの物理破壊かソフトウェア消去の結果を記載いたします。

データ消去作業完了証明書 雛形データ消去証明書 雛形

※データ消去作業完了証明書あり・なしによって取扱い(データ消去の方法や作業)が変わることはありません。ハードディスク1個ずつの消去証明が必要な場合にご利用ください。サーバーでハードディスクが3個入っている場合は、3個分の料金が必要です。


データ消去作業完了証明書の記載内容:パソコン本体の型番・シリアル(製造番号)、ハードディスクのメーカー・シリアル(製造番号)・ハードディスクの容量、データ消去作業日、消去方式(ソフトウェア消去「NSA」・物理破壊「穿孔処理」)、物理破壊かソフトウェア消去の結果

証明書・報告書の発行に関していただいたお客様の声の例

データ消去の証明書を発行していただくことができ、対応も良かったから。
PC関係等の回収の種類を増やしていただけるとありがたいです。
 
30代 経理・総務 (2012年10月31日)
証明書発行サービスが明確でした。
静かに、速やかに作業をして下さいました。
プリンターもお引き取り頂きたかったです。
 
30代 管理 (2012年3月28日)
対応が早く、型番の記録などもしていて正確。データ消去をやっていただけるのであれ問題ないが、データ消去証明が高い。(今回、証明書はお願いしていないです)
 
 (2009年12月14日)
引き取りまでは早くて助かりました。こちらの支払いが遅かったのかもしれませんが、消去証明書の発行などは少し時間がかかったなという印象があります(今回は特に問題ありませんでした)。
 
 (2009年11月30日)

データ消去証明書とは

データ消去証明書とは廃棄したパソコンに一切の個人情報が残っていないことを証明する書類です。ただし、データ消去の方法やデータ消去証明書の書式は国や日本工業規格などで統一されていないので、消去する会社によって内容はバラバラです。一般的にはいつ・誰が・どこで・何を消去したかが記載されています。

パソコン廃棄を依頼する際は、自分の会社がプライバシーマークやISMSなど情報セキュリティを管理するための規格や仕組みを策定しているか確認してください。規格を取得している場合は、その手順に従って消去の方法(ハードディスクを破壊する、ソフトウェア消去の方式)でデータ消去を行わないといけません。また、データ消去の記録を保管する必要もあります。その場合は、自社で消去するかデータ消去証明書の発行を依頼しましょう。

一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)によると「データ消去の責任はユーザにある」ことを注意喚起しています。パソコンには顧客情報や会社の機密情報、従業員のマイナンバーなど会社にとって重要なデータがたくさん入っています。不用意にパソコンを廃棄してしまい、第三者に悪用されたとすると、被害者である廃棄した会社や担当者も情報流出したとして加害者になってしまいます。パソコン廃棄.comでは、プライバシーマークを取得しており、厳格な廃棄パソコンの管理を行っていますのでご安心ください。

パソコン廃棄.comのデータ消去

パソコン廃棄.comのセキュリティ体制

マニフェストと消去証明書の違い

産業廃棄物処理業者で発行してもらえるマニフェストは、パソコンが産業廃棄物として最終処分まで適正に廃棄処理したことが記入されている伝票のことです。データ消去の証明ではありません。マニフェストとパソコン廃棄.comの比較

産業廃棄物処分業者などでは、「廃棄証明書」・「廃却証明書」・「廃棄処分証明書」など各々のフォーマットで発行されています。パソコン廃棄.comでは、「引取証明書」・「引き取り証明書兼データ消去証明書」・「データ消去証明書」を発行しております。

データ消去の動画をみる
インターネットでのお問い合わせ