パソコン廃棄の費用(料金)

平成15年(2003年)10月以降、ごみとして捨てられなくなったパソコンには、ごみ以外のいくつかの廃棄方法があります。その中にも、パソコン廃棄に費用がかかる場合(有料)と、かからない場合(無料)があります。有料の場合はどのような内容にお金がかかるのか、また無料の場合はなぜ費用が掛からないのか調べました。

1. パソコン廃棄に費用がかかる場合(有料)

パソコン廃棄に費用がかかるのは以下の場合です。

  • 古いパソコンをメーカーに依頼して廃棄してもらう
  • 粗大ゴミ回収業者に依頼して回収してもらう

またその時にかかる廃棄費用は主に3つあります。

  • 運搬・撤去にかかる費用
  • データ消去や証明書発行手数料
  • リサイクルするための設備や作業コスト

運搬・撤去にかかる費用

パソコン廃棄の回収費用とは自宅や会社まで引取に伺うコスト(価格)になります。自社のトラックやバンなどで回収するのが通常ですが運送会社(クロネコヤマト・日本郵便・佐川急便)などを利用する場合もあります。引取条件によっては、通常料金からプラスして費用を負担する場合があります。エレベーターが無い場合や、その他搬出が困難な場合などになります。

データ消去や証明書発行手数料

パソコン廃棄のデータ消去費用はデータ消去をするコスト(価格)になります。データ消去には、ソフト消去、物理破壊などの方法があります。ソフト消去は、人件費だけでなくソフトを使用するライセンス費用を使用する企業が負担しています。物理破壊は、ハードディスクを破壊するので、PCからハードディスクを取り外すコストや破壊装置を運用するコストが発生します。その他に、証明書を発行する場合は、シリアルナンバーの記録や破壊前後の画像による記録するコスト(価格)が発生します。

リサイクルするための設備や作業コスト

パソコン廃棄にあたって、処分費用は「廃棄費用」「リサイクル費用」の2種類があります。捨てる側にとっては同じように見えますが廃棄費用は、焼却処分や埋め立て処分される為のコスト(価格)になります。リサイクル費用は、再資源化にかかる費用になります。ただし、素材としての価値が高い場合は、有価物としての価値もある為、無料や有価物として買い取るような会社もあります。

1.1. 古いパソコンをメーカーに依頼して廃棄してもらう

平成15年(2003年)10月以前に販売された家庭向けパソコンは有料で廃棄を行っています。(PCリサイクルマークがパソコンに貼付されていれば無料)

費用はパソコンの種類によって異なります(2016年7月6日現在)。パソコン1台あたりかかりますので複数台あれば、掛け算してください。

種類 費用
デスクトップパソコン本体 3,000円(税抜)
ノートパソコン 3,000円(税抜)
液晶ディスプレイ 3,000円(税抜)
液晶ディスプレイ一体型パソコン 3,000円(税抜)
CRT ディスプレイ 4,000円(税抜)
CRT ディスプレイ一体型パソコン 4,000円(税抜)
デスクトップパソコン本体+CRT ディスプレイ 7,000円(税抜)
デスクトップパソコン本体+液晶ディスプレイ 6,000円(税抜)

この費用には以下含まれています。

  • 運搬費用(ゆうパックで送る)
  • リサイクルするための設備や作業コスト(リサイクル)

一方、以下は含まれていませんので、ご自身で行う必要があります。

  • 撤去にかかる費用(梱包は自分で行う)
  • データ消去や証明書発行手数料(行っていない・自己責任)

PCメーカーまとめ

1.2. 粗大ゴミ回収業者に依頼して回収してもらう

引っ越しの際に不要になったものや大きい家具のお片付けをしてもらえる粗大ゴミ回収業者にも廃棄を依頼することができます。一般的に以下の料金体系をとっています。相場も記載しますが、地域や業者によって異なりますので、確認してください。

費用=基本料金+品物別料金+特殊作業料金+オプション料金-買い取り金額

  • 基本料金:回収に伺うための費用です。3,000円~4,000円/回
  • 品物別料金:パソコンの種類や台数によって異なります。1,000円~4,000円/台
  • 特殊作業料金:階段しかない場合や、取り外しが必要な場合 1,000円~10,000円
  • オプション料金:データ消去費用 1,000円~2,000円
  • 買い取り金額:パソコンがとても新しい場合は買い取りしてもらえます

個人向け大手15社に電話してみた!わかる口コミ!粗大ゴミ(粗大ごみ)・不用品回収買い取り業者 - NAVER まとめ

メーカーに依頼する場合と違い運搬や撤去にかかる費用が必要ですので、パソコンのみだと割高になります。

2. パソコン廃棄に費用がかからない場合(無料)

パソコン廃棄に費用がかからないのは以下の場合です。

  • PCリサイクルマークがついているパソコンをメーカーに依頼する
  • パソコンリサイクル業者に依頼する

2.1. PCリサイクルマークがついているパソコンをメーカーに依頼して廃棄してもらう

PCリサイクルマークがついているとメーカーで無料廃棄してもらえます。理由は、平成15年(2003年)10月以降に発売されたパソコンには、販売代金にPCリサイクル費用が上乗せされています。つまり、すでに廃棄費用を支払い済みなのです。

この費用には以下含まれています。

  • 運搬費用(ゆうパックで送る)
  • リサイクルするための設備や作業コスト(リサイクル)

一方、以下は含まれていませんので、ご自身で行う必要があります。

  • 撤去にかかる費用(梱包は自分で行う)
  • データ消去や証明書発行手数料(行っていない・自己責任)

PCメーカーまとめ

2.2. パソコンリサイクル業者に依頼する者

パソコン廃棄.com(当サイト、パソコンリサイクルの専門会社)に連絡不要で送るだけで、パソコンの廃棄できます。PCデータ消去無料。キャンペーン対象製品なら送料無料(着払い)。そのほかも資源化料金は一切かかりません。PCリサイクルマークが無くても無料です。

費用が掛からない理由として、回収したパソコンにもう一度価値をみつけることで、お客様はご負担がなくパソコンが処分できるようなりました。価値を見出すとは「再利用(リユース)」「再資源化(リサイクル)」することです。

ただしリサイクルが難しい、ブラウン管やプリンター・スキャナーなどは対象外となっています。

パソコン廃棄.com

人が携われば費用が発生する

誰かが何かをすれば費用が発生します。費用は誰かが負担しないといけません。ただ、やみくもに廃棄するだけではなく、リサイクルを上手に行うことで費用を賄える場合もあります。賢くパソコンの廃棄費用を削減しましょう。

送料無料キャンペーン (実施期間 2/1(水)~2/28(火)発送分) 実施中!

手順は簡単3ステップ!

発送時のご連絡は一切不要です。

廃棄したい
パソコンは?